不用品回収 東京TOP > 不用品の買取事例

こんにちは!いつもご利用いただきありがとうございます。
東京・神奈川(関東)で不用品回収を営んでいるアース関東です!

ミシンといえば、洋裁に欠かせない必須アイテムのひとつ。現在主流となっているのは電動ミシンですが、ひと昔前の「足踏みミシン」と呼ばれるミシンもまだまだ人気の買取対象です。今回は、ミシン愛好家に特に人気の足踏みミシンの特徴についてご紹介します。

■今だから見直したい、足踏みミシンの魅力
ひと昔前と比べて、現在は家庭でミシンを見かけることが少なくなってきました。衣類の物流が増えたことにより、手作りの衣類を作ったり服を修繕したりするといったケースが減ってきたためです。しかし、ミシンの人気は決して低くありません。特に古いタイプの足踏みミシンは、ミシン愛好家からの人気が高くニーズのある買取対象となっているのです。

足踏みミシンの特徴は、なんといっても「さまざまな素材に使いやすい」という点。足踏みミシンは送り歯の高さと押さえ圧が調節しやすいため、厚みがあり縫いにくい素材でもしっかりと縫い付けることができます。加えて、古い時代に作られたレトロな足踏みミシンであれば、アンティークオブジェとしての需要も期待できます。特に19世紀末から20世紀前半のヨーロッパで使われていたミシンは、デザイン性に優れた美しい製品が多くあります。こうしたミシンはたとえ修理して使えなくても、骨董品のような付加価値があるため高値買取が狙えるケースがあるのです。

手元の足踏みミシンを不用品回収・買取に出す際は、こうした点にも注目してみましょう。

■具体的にどう違う?足踏みミシンと電動ミシン

足踏みミシンと電動ミシンには、それぞれ異なる特徴があります。足踏みミシンは電動ミシンに比べてやや低速ですがパワーがあり、厚みのある布でもしっかりと縫うことができます。足踏みミシンの人気の高さは、こうした使い勝手のよさにあるといえるでしょう。

対する電動ミシンには、コンパクトで多機能という特徴があります。パワーが控えめな製品が多いものの、その分小回りが利いて使いやすいのがポイント。厚みのある布や大きさのあるアイテムを縫うよりも、小物を縫うのに適しています。機能や利便性が向上している上、コンパクトなのでスペースを取らずに設置できるのも電動ミシンの魅力です。

■まとめ
東京でミシンの処分・買取をご検討中の方は、ぜひアース関東にお任せください!アース関東では、東京・神奈川を中心に、ミシンやエアコン、テレビ、家具の不用品回収を行っております。お引っ越しや店舗・会社の移転に伴う不用品の処分、ゴミ屋敷の整理まで迅速に対応する他、東京・神奈川県内にお住まいであればいつでも無料お見積りにお伺いいたします。査定後すぐの買取はもちろん、買取できない場合でもその場で不用品回収いたしますので、お気軽にご依頼ください。お客さまからのご連絡をお待ちしております!

こんにちは!いつもご利用いただきありがとうございます。
東京・神奈川(関東)で不用品回収を営んでいるアース関東です!

デジタルカメラが主流となった今、余程のカメラ好きでない限りフィルムカメラを使用する機会は少ないのではないでしょうか。もしも処分を検討しているなら、リサイクル業者や不用品回収業者などを利用し、買取を依頼してみましょう。今回は、中古のフィルムカメラの買取事情についてご紹介します。

■フィルムカメラの種類とは?
フィルムカメラは、大きく分けて3種類あります。それぞれ使用するフィルムが異なる他、中古での需要にも差があります。

・35mmフィルムカメラ
一般的なフィルムを入れて撮影するカメラです。デジタルカメラとほぼ同じ比率で撮影できるため、初心者にも人気があります。一眼レフやレンジファインダー、コンパクトカメラなど、種類はさまざまです。

・中判カメラ
ブローニーフィルムという縦長のフィルムを入れて撮影するカメラです。35mmよりもフィルム面が大きいため、よりきれいな像を写し出すことができます。二眼レフなどのクラシカルな見た目のカメラが多く、スクエアの写真を撮影できる「Rolleiflex」や「Hasselblad」などは根強い人気を誇ります。

・大判カメラ
上記で述べたロール状のフィルムとは異なり、1枚ずつになっているシートフィルムを使用するカメラです。主にスタジオで使用されるビューカメラと、風景写真などに使用されるテクニカルカメラ(フィールドカメラ)があります。プロ向けの機材で、中古でも需要があります。

■人気メーカー別に比較!フィルムカメラの買取相場
人気メーカーのフィルムカメラは、中古市場でも需要があります。自宅に眠るフィルムカメラのメーカーを確認してみましょう。

・Canon
デジタルカメラのみならず、フィルムカメラの性能にも定評があり、中古市場でも人気があります。「EOSシリーズ」「AEシリーズ」は特に人気が高く、査定額にも期待できます。カメラの状態にもよりますが、希少なものだと50,000円ほどの値がつくこともあります。

・Nikon
たくさんのデジタルカメラを販売していますが、現在でも人気が高いのはフィルムカメラといわれています。「FM10」「F6」などは中古市場でも人気が高いモデルであり、カメラ好きから長く愛されています。状態がよくて希少なものだと40,000円ほどの値がつくこともあります。

・Kenko Tokina
コニカミノルタのフィルムカメラのアフターサービスをしていることでも知られているメーカー。「KF-1N」「KF-2N」は、Nikon Fマウントに対応することから人気があります。状態にもよりますが、一般的な買取相場は10,000円ほどです。

・FUJI FILM
「フィルムカメラといえば富士フィルム」という方もいるほど人気があるメーカーなので、中古市場でも買取してもらいやすいといえます。状態がよくて希少なものだと、110,000円ほどの値がつくこともあります。

■少しでも高く売りたい!査定額をアップさせるコツ


査定額を少しでも上げたいなら、下記のポイントに注目しましょう。

・付属品をそろえる
ストラップや説明書、レンズなど、付属品を一緒に査定に出しましょう。もしも付属品がなければ、見積もり査定の段階で申告しておくことをおすすめします。

・きれいな状態にする
汚れていると減額ポイントになってしまうため、埃やカビを拭き取るなど、少しでもきれいな状態で査定に出すようにしましょう。

・買取価格を比較する
リサイクル業者や不用品回収業者、カメラ買取の専門店など、中古カメラを引き取る業者はさまざまです。業者によって査定額に差が出ることが予想されるため、買取価格を比較し、納得できる金額を提示した業者に買取してもらいましょう。

■まとめ
東京都でフィルムカメラの処分を検討しているのなら、東京・神奈川で不用品回収を行っているアース関東にご相談ください。東京23区内はもちろん、八王子や三鷹といった遠方へも伺います。査定後すぐの買取はもちろん、ご相談のみの連絡も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。お客さまからのご依頼をお待ちしております。

こんにちは!いつもご利用いただきありがとうございます。
東京・神奈川(関東)で不用品回収を営んでいるアース関東です!

室外機を高価買取してもらうには、できるだけ劣化を防ぐことが大切!中でも劣化しやすいパーツとしてあげられるのが"ドレンホース"です。そこで今回は、ドレンホースの役割や劣化の原因、対策法をご紹介します。査定額にも大きく関わるため、室外機の買取を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

■ドレンホースの役割と特徴
エアコンの冷房は、内部の熱交換器に触れることで熱を失い、冷たい空気となって室内に放出されます。このとき、結露により水が発生するのですが、その水を排出するのがドレンホースです。
ドレンホースは、室内機から伸びた冷媒管と一緒に保護テープで覆い外に出されます。その際、適当な長さのホースをジョイントし、室外機の近くの地面に水を排出できるよう取り付けるのが一般的です。

銅製の冷媒管とは異なり、ドレンホースはプラスチック製です。蛇腹の形状をしているため柔軟性があり、折れて破損することがありません。
ドレンホースの詰まりはエアコンの水漏れにつながるため、ゴミがたまったり虫が侵入したりしないよう、日頃から点検を行うことが大切です。

■ドレンホースの劣化原因は主に5つ


ドレンホースが劣化すると柔軟性が失われてしまい、折れやすくなってしまいます。劣化の原因は下記の5つです。

・ドレンホースの材質
ドレンホースはプラスチック製なので、金属と比べて劣化が早く進みます。

・紫外線
ドレンホースのある場所は屋外で日光や風雨にさらされるため、劣化しやすい環境におかれています。加えて、プラスチックは耐候性に乏しく、特に紫外線は天敵です。

・外気の温度変化
屋外にあるドレンホースは、温度変化の影響をストレートに受けます。昼は日光によって40℃を越える熱を受け、夜は一桁を下回ることも。熱衝撃を受けることで損傷を引き起こします。

・保護不足
ドレンホースは外的環境に大きく左右されるため、化粧カバーなどを使ってホースの外側を保護しておく必要があります。

・機械的な振動
室外機などの振動を受け続けることで、劣化の原因となります。

■ドレンホースを劣化させないための簡単対策法
ドレンホースの劣化を遅らせたいという方は、下記の方法を試してみましょう。

・化粧カバー
化粧カバーをかけることで、ドレンホースの耐候性を向上できます。さらに、配管がむき出しにならないため、家の美観を維持できるというメリットもあります。

・化粧テープ
費用をかけずにドレンホースを保護したいという方は、化粧テープがおすすめです。化粧カバーほど頑丈ではありませんが、外的環境の影響を受けにくく耐候性を向上させるという点では十分役立ちます。

■まとめ
室外機の処分に困っている方、または買取を検討している方は、東京・神奈川で不用品回収を行っているアース関東にご相談ください。東京23区内はもちろん、八王子や国分寺などの遠方でも出張買取・不用品回収をいたします。査定後すぐの買取はもちろん、査定額がつかない場合でもその場で不用品回収させていただきますので、お気軽にご連絡ください。東京・神奈川にお住まいのお客さまからのご依頼、お待ちしております。

こんにちは!いつもご利用いただきありがとうございます。
東京・神奈川(関東)で不用品回収を営んでいるアース関東です!

今やテレビといえば、液晶テレビが主流となりました。テレビは長く使える家電ですが、やがて寿命を迎えます。今お持ちの液晶テレビが完全に駄目になる前に買取に出してみるのはいかがですか?今回は液晶テレビの買い替えについてご紹介します。

■液晶テレビの寿命はどれくらい?
耐久品である液晶テレビでも、どれだけ長く持つのかをきちんと知ることが大切です。液晶テレビの寿命を知るために、まずはどのような仕組みで動いているのかをみてみます。

地デジ対応テレビとして登場したのは、液晶テレビとプラズマテレビのふたつ。プラズマテレビは、ディスプレイを構成する一つひとつの画素が発光して映像を作るという分かりやすい仕組みで動いています。一方、液晶テレビは液晶パネルとカラーフィルターからなり、バックライトが当たることで発光し、液晶パネルが閉じると「色を減らして」映像を作ります。このため、映像表現では直接発光できるプラズマテレビのほうが優れているケースが多く、省エネ面では液晶テレビのほうが有利という特徴があります。

液晶テレビの寿命を大きく左右するのが、液晶パネルに光を投影するバックライト。このバックライトは、7年~10年ほどで寿命を迎えるといわれています。寿命の原因は他にもありますが、液晶テレビはこのタイミングで故障する可能性が高くなるのです。

■液晶テレビを買い替えるタイミングについて

7年~10年ほどで寿命を迎える可能性がある液晶テレビですが、具体的な買い替えのタイミングはどう見極めればよいでしょうか?故障する前であれば、処分することなく高価買取を狙えることもあります。以下のような状態になったら、買い替えを検討してみてください。

・画面に変な線が入る
メーカーの修理によって直る可能性があります。ただし、液晶テレビが摩耗してきたと考えられるので、買い替えを考えるタイミングでもあります。

・色がおかしくなる、いつもより暗く見える
配線をつなぎ直すことで直る可能性もありますが、このような状態だとバックライトが寿命を迎えている可能性があります。

・音が出ない、音がおかしい
こちらも配線のつなぎ直しで直る可能性がありますが、買い替えを検討するタイミングです。

・焼け焦げたような臭いがする
液晶テレビが危険な状態にあるので、すぐさま買い替えするようにしてください。

■液晶テレビの高価買取を目指すには
古くなった液晶テレビは、不用品回収サービスに出すことで高価買取を狙えることがあります。どのようなポイントがあるでしょうか?

・製造から5年以内である
多くの家電にいえることですが、製造から5年以内の液晶テレビであれば高く買取してもらえる可能性があります。これは、液晶テレビの寿命が7年~10年ほどであることからも分かります。

・機能面が充実している
本体だけで録画できる機能がある、インターネットが閲覧できる、ディスプレイがフルハイビジョン以上である、画面の分割表示ができるなどの高い機能性がある液晶テレビは高い相場で買取してもらいやすくなります。

・メンテナンスをしっかりしている
状態のよい液晶テレビのほうが、もちろん有利です。例えば定期的に埃を取るという方法があり、放熱の劣化を防いで長持ちさせることができます。バックライトを長持ちさせるために長時間の点けっぱなしを避けるというのも有効です。

■まとめ
液晶テレビは、きちんとメンテナンスをして寿命を迎える前に買い替えれば高価買取を狙える可能性があります。ぜひ上記の内容を参考にしてみてください。
東京や神奈川など関東全域に対応しているアース関東でも、液晶テレビの不用品回収を行っております。東京や神奈川など、関東にお住まいの方であれば、無料で訪問見積もりをいたします。東京や神奈川などで液晶テレビの処分をお考えの方は、ぜひ不用品回収のアース関東をご利用ください!

こんにちは!いつもご利用いただきありがとうございます。
東京・神奈川(関東)で不用品回収を営んでいるアース関東です!

不用なマッサージチェアを処分する方法のひとつに、オークションがあります。しかし、オークションにはいくつかのデメリットもあります。今回は、オークションを利用するデメリットとオークションでマッサージチェアを売却するデメリット、おすすめの処分方法をご紹介します。

■オークションを利用するデメリット
オークションを利用するデメリットをご紹介します。

・写真撮影、情報の公開が大変
オークションに出品するときは、商品の写真と情報をネットに上げる必要があります。買い手をつるためには写真の撮り方がとても大切で、「買いたくなる」写真を撮る必要があります。また、汚れている箇所、傷がある箇所の情報もネットにあげておかなければいけません。

・買い手がつかない可能性がある
オークションに出品したからといって、すぐに買い手がつくとは限りません。なかなか買い手がつかない場合は、不用なマッサージチェアをずっと自宅で保管しておかなければならないので、場所もとります。買い手がつかずに出品を取りやめた場合は、写真撮影したり情報をアップしたりした作業も無駄になります。

■オークションでマッサージチェアを売却するデメリット

オークションでマッサージチェアを売却するデメリットをご紹介します。

・運び出すのに苦労する
オークションでマッサージチェアの買い手が決まったとしても、大型のマッサージチェアを自宅から運び出すのはとても大変です。壁や物にぶつけて傷ができる心配もあります。

・配送料が高くなる
マッサージチェアのような大型機器は、配送料が高くなります。配送料を買い手負担にする場合、「配送料が高いせいで買い手が決まらない」ということにもあり得ます。

■おすすめの処分方法!不用品回収業者を利用する
マッサージチェアをオークションに出品するのはさまざまなデメリットがあるため、あまりおすすめできません。おすすめの処分方法は、不用品回収業者を利用することです。ほとんどの不用品回収業者は、不用品を自宅まで回収しにきてくれる出張買取が可能なので、持ち主がマッサージチェアを移動させる手間がかかりません。また、無料査定が可能な不用品回収業者が多いため、「とりあえず査定だけしたい」「複数の不用品回収業者と比べたい」という方にもおすすめできます。

■まとめ
オークションに出品するときは、写真撮影したり情報を公開したりする手間がかかります。また、運び出すのが大変だったり配送料が高くついたりするデメリットもあります。
一方、不用品回収業者に依頼すれば、それらの手間は一切かからず手軽に処分することができますよ!
東京・神奈川(関東)でマッサージチェアの処分にお困りの方は、東京・神奈川(関東)で不用品回収を営んでいるアース関東にご相談ください!東京・神奈川(関東)にお住みの方なら、自宅まで無料出張に伺います。マッサージチェアの状態を見て買取可能な場合は、そのまま買取らせていただきます。「不用品をすぐに処分したい」「不用品の処分に手間をかかたくない」「買取可能か知りたい」という方は、ぜひご連絡ください♪


不用品回収について

  • サービスの流れ
  • 対応品目一覧
  • 不用品の行方
  • よくあるご質問

当社のサービス一覧

  • 不用品サービス
  • 買取サービス
  • リフォーム・ハウスクリーニング
  • 引越サービス
  • 収納アドヴァイザー
  • 遺品整理サービス
  • 法人のお客様向けサービス

当社について

  • 当社の強み
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • スタッフ
  • 不用品の買取事例

万が一の際には損害賠償保険

人身・物損に適応 最高5,000万円まで 三井住友海上

PAGE TOP

不用品回収アース東京・神奈川は東京・神奈川・埼玉・千葉を中心に関東全域に展開、不用品を分別しリサイクルを推し進め、最安値を目指しています。
東京・神奈川の不用品回収なら、いつでも不用品回収アース東京・神奈川にご相談ください。

アース関東・携帯・PHSからもOK!お問い合わせのみも歓迎!

0120-345-627

メールでお問い合わせ